自分でできる!iPhoneの修理方法

準備しておきたい道具は

iPhoneが故障した原因が分かっており、交換のためのパーツを用意することができる場合は自分で修理をするということも可能です。実際に修理をするためには、交換用パーツの他に精密ドライバーも必要となります。iPhoneを分解するために欠かせないのが、特殊な星型ネジを回すためのドライバーです。このドライバーがなければ、iPhoneを開くことはできません。そして、内側の部品を取り外すために欠かせないのが00番のプラスドライバーです。それ以外に、ヘラやピンセットなども用意しておくと分解作業が捗りやすくなります。自分でiPhone修理をしたいと考えているのであれば、こうした道具を揃えるところから始めておくことがおすすめです。

パーツを交換する手順は

バッテリー交換の場合は、SIMカードを外した後で星型ドライバーを使ってネジを外し本体からフロントパネルを剥がしてきます。ロジックボードを外しバッテリーの交換をしたら元に戻して修理は完了です。フロントパネルの場合は星型ドライバーで本体を開いた後、ケーブル類を取り外し新しいパネルに交換していきます。実際に修理を行う前には、バックアップを取っておきましょう。そんなiPhoneの修理を行う時に、考えておきたいのが残りの保証期間です。iPhoneを一度でも分解してしまうとその時点で保証期間が消滅し、万が一のことが起きてもサポートを受けることができなくなります。そのため、個人での修理は今後のことまで考えた上で行うことが大切です。

青森県青森市にはiPhone修理の専門店があるので、青森県ならiphone修理を青森市で行うと良いでしょう