もう割らない!iPhoneの画面割れ防止方法

パターン1:iPhoneを衝撃から守る

iPhoneの画面割れを防止するためには、iPhoneを衝撃から守らなければなりません。
一番直接的な方法は、画面に保護シートを張り付けること。厚手のシートを、気泡が入らないようにピッタリと張り付けると、画面のガラスに鋭い衝撃が伝わるのを防ぐことができます。近年は触り心地や指の滑りなどに配慮した様々な保護シートが発売されていますので、いろいろ試してみるのもよいかもしれません。

次に、iPhoneにカバーをつけること。衝撃が加わったのが画面ではない部分であったとしても、衝撃が強かった場合は画面が割れることがあります。特にシリコンゴムなどの厚く柔らかい素材でできているカバーだと、iPhoneを衝撃から守るクッションとなり、より画面割れを防止できるでしょう。

パターン2:そもそもiPhoneに衝撃を与えない

iPhoneの画面割れの原因のほとんどはiPhone本体を地面に落とした時の衝撃です。逆に言えば、iPhoneを地面に落とさないようにすれば、画面が割れることはほとんどなくなるはずです。では、どうすればよいでしょうか。
まず、上着やズボンのポケットにiPhoneを入れておかないこと。脱いだ時や走った時に落としてしまう確率が上がります。
そして、机の端など、落ちやすい場所や不安定な場所にiPhoneを置かないこと。
最後に歩いているときや、自転車に乗っているときにiPhoneを操作しないこと。人や物に気づきにくいので危険ですし、手元が不安定になるのでiPhoneを落としやすくなります。

iPhoneをなるべく落とさないようにすること、そして、もしiPhoneを落としても本体にダイレクトに衝撃がいかないようにすること。2パターンの対策で、画面割れをしっかり防止しましょう!

iphoneの修理は専門の修理店で行うことが大事になります。宮城県なら仙台市に専門店が多くあるので、iphone修理を仙台市のそちらで依頼するとよいでしょう